Posts about: » 脆弱性

OpenSSLの脆弱性 The Heartbleed Bug

Written in 2014年04月09日 by | コメントする( 0件 )

OpenSSLの新しいバージョンにかなり危険な脆弱性が報告されています。早急に対処が必要です。

 

■対処バージョン

OpenSSL 1.0.1 から 1.0.1f

OpenSSL 1.0.2-beta から 1.0.2-beta1

 

■修正済みバージョン

OpenSSL 1.0.1g

Tarballs : http://www.openssl.org/source/

■JPCERTによる勧告

http://www.jpcert.or.jp/at/2014/at140013.html

OpenSSL Project が提供する OpenSSL の heartbeat 拡張には情報漏えいの

脆弱性があります。結果として、遠隔の第三者は、細工したパケットを送付す

ることでシステムのメモリ内の情報を閲覧し、秘密鍵などの重要な情報を取得

する可能性があります。

管理するシステムにおいて該当するバージョンの OpenSSL を使用している場合

は、OpenSSL Project が提供する修正済みバージョンへアップデートすること

をお勧めします。

 

■参考サイトURL

・Heartbleed解説ページ(英語)

http://heartbleed.com/

・参考となるブログ(記事をありがとう)

http://d.hatena.ne.jp/nekoruri/20140408/heartbleed

http://devlab.isao.co.jp/openssl_cve-2014-0160/

・脆弱性テストができるサイト

http://filippo.io/Heartbleed/#www2.millet.co.jp

 

■対策等

【1】以下のコマンドでバージョン確認

rpm -qa |grep openssl

openssl version

【2】RPM版ならyumでアップデート

CentOS6.5 では、opensslのRPMにおいてopenssl-1.0.1e-16.el6_5.7 で修正されている

http://lists.centos.org/pipermail/centos-announce/2014-April/020249.html

yum update openssl

※ソースならOpenSSL 1.0.1g 以降をインストールする。

【3】opensslのライブラリを使っているプロセスを確認

lsof | grep ssl

【4】それらのサーバプロセスを再起動

service crond restart

service httpd restart

service php-fpm restart

service fail2ban restart

service vsftpd restart

service mysql restart

service postfix restart

など。

出来れば、サーバマシンごと再起動がよい。

ntpdのmonlist機能を使ったDDos攻撃

Written in 2014年02月14日 by | コメントする( 0件 )

JPCERTコーディネーションセンター 「ntpd の monlist 機能を使った DDoS 攻撃に関する注意喚起」

http://www.jpcert.or.jp/at/2014/at140001.html

■影響を受けるバージョン

ntpd 4.2.7p26 より前のバージョン

以下のコマンドでバージョン確認

■対策

/etc/ntp.conf に以下の設定を追加。

/etc/ntp.conf にrestrict を追加してアクセス制限

例)